Interior Coordinate

モデルルームギャラリー

Natural&Clear

#017 ブランズ麻生パークゲート

デッドスペースを活用しながら、実際の暮らしを意識してコーディネート。

暮らしのイメージが湧きにくい変わった間取りのモデルルームをコーディネート。家具が置きづらそう…と敬遠されがちですが、使い勝手を考えて配置すれば問題ありません。 デッドスペースを活用しながら、実際の暮らしを意識してコーディネートをしました。明るく清潔感のある雰囲気の中に、ロイヤルブルー×オリーブグリーンを組み合わせて、インテリアも個性的に。 一風変わったインテリアアイテムのカラーやカタチが、個性的な間取りを引き立てています。

Living

リビング

デッドスペースになりがちな窓の横のコーナー部分を活かして、照明を組み込んだディスプレイ棚を設置。ナチュラルだけどカジュアルにならないように、家具にはグレイッシュな木目と鏡面塗装のホワイトをセレクト。ワークスペースや書斎の役割を果たすスペースには備え付けのコーナーデスクを設けています。

Dining

ダイニング

テーブルコーディネートも、全体のテーマカラーと素材感にこだわっています。暖かみのあるロイヤルブルーとオリーブグリーンを組み合わせ、在り来たりにならないように個性をプラス。丸みのあるイスやテーブルのポップなアイテムを使いつつ、色味を抑えて落ち着いた雰囲気に。

Entrance

玄関

エコカラットとフロスト加工(くもりガラス)のミラーを組み合わせたニッチスペース。ミラーを用いることで奥行き感を演出。エレガントな雰囲気を醸し出すため、大きめの花瓶を用いました。

Master bedroom

主寝室

単調になりがちな寝室ですが、ファブリックにだわってコーディネートしました。ロイヤルブルーとライトグレーのシルクのような質感の生地に、レンガ色の革のような質感の生地のクッションをあわせ、温かく落ち着いたイメージに。ヘッドボードとナイトテーブルは、建具(ドア)とおそろいの木目で仕上げています。

Children's room

子供部屋

白の空間の中に、オリーブとターコイズブルーがアクセントに。可愛らしい子ども部屋ではなく、大きくなっても飽きないようにエレガントで繊細な空間にコーディネート。アーティスティックなファブリックでオシャレ度アップ。

Property Information

物件情報

マンション名 / ブランズ麻生パークゲート
モデルルーム / 札幌市北区新琴似9条2丁目
URL / http://www.branz-asabu2.com

記載URLはページ公開当時のものです。
期間経過によりページが表示されない場合もありますので予めご了承ください。

一覧に戻る