Renovation

空間彩生 リノベーション施工実例

#092

エスコートサービスが実現させた1階美容室と2階賃貸住戸の劇的連結空間彩生

もともと理美容室だった1階部分と賃貸住戸であった2階部分を連結し、一戸建てとして住宅を再生させた新しい空間彩生。分譲住戸ではない建物をリノベーションによって一戸建て住宅に生まれ変わらせる、住まい探しの定義に一石を投じた事例です。
新築・中古問わず好立地条件の住宅取得が難しい世情において、空間彩生が理想の住まい実現に大きな可能性をもたらすことを物語っています。地下鉄徒歩圏内で延床面積150?前後の建物、しかも将来的に小さな店舗を併設したいという要望で住まい探しを続けていたご夫婦。当然のようにそんな好条件の物件にはなかなか巡り会えず、1年が過ぎようとしていました。そんな時ふと目に留まったのが店舗付賃貸住戸。諸々の条件を満たす物件にリノベーションを施し、思いもよらぬ形で理想の住まいを実現させました。

リビング

大きな窓で明るく開放感がある1階のスタイリングスペースはリビングルームに。美容室の什器が並ぶ店舗のメインスペースが、ホールのように広々とした居室に変貌。壁面や天井部分にデザインを施し、モダンな中にも木の温もりが残る寛ぎ空間に仕上げました。LED照明を中心に効率的で演出性の高いライティングレイアウトをプランニング。美容室で使用していた収納や造作棚を再生し、家具やカーテンも含めたカラーコーディネートにも統一感を持たせました。窓は店舗用のアルミサッシから住宅用のプラストサッシに変更、3頭の犬が駆け回る床には傷に強く床暖効率の良いフロアタイルを使用しました。

Before

リビング

造作テレビボードの周辺は立体感のあるデザイン・タイルをあしらい、省エネ性の高いLEDダウンライトをバックライト風にレイアウトしました。フルオーダーのリビング入口ドアにはイタリアンガラスのモザイクタイルを埋め込み、ドアレバーと併せて斬新さと高級感を演出しました。

和洋室

リビング隣の和洋室はもともとシャンプースペースだった箇所。掘りごたつ風の造作畳収納には布団も収納でき、テーブルを外してフルフラットにすると客間に早変わりします。半透明のガラスが入った格子間仕切りとアルミ製のホールディングドアが、窓の無い空間でも明るく開放感のある雰囲気を創り出します。

Before

階段

今回の空間彩生で初めての試みとなった1階と2階それぞれ別々な住戸の連結。通常の一戸建ての改修では必要のない工事ですが、上下階をつないでひとつの住戸を創り出すというアイデアのもとでは、実現させなければならない必要条件の工事となります。建物の構造を理解し、計算された空間設計と意匠性で、美しく機能的な住まいに生まれ変わらせる・・・空間彩生だからこそ為し得た改修ポイントです。特異な形状のブラケットライトとシーリングファンに木の優しさが加わり、レトロ・モダンな空間に仕上っています。

Before

ダイニング

2階賃貸住宅のリビングは、今回セカンドリビングを兼ねた広いダイニングとして活用。キッチンとの間に床から天井までを貫くようにそびえる造作食器棚はデザイン・収納力・間仕切りの役割を同時に果たし、ベンチソファと低めのダイニングテーブルが食事の後のゆっくりとした時間を心地良く演出します。

Before

ユーティリティ

明るい天窓から光が降り注ぐユーティリティには、既存の造作台を活かしオーバーボウルの洗面台とミラーキャビネットを設置。床にアクセントカラーであるブラックを配し、視覚的に開放感と落ち着きを同居させる雰囲気に仕上げました。

Before

トイレ

1階のトイレは店舗用のトイレとしても使用予定。タンクレスのフルオート便器とドレッサー風の手洗いカウンターを設置し、高級感のあるボーダークロスと併せておもてなしの空間創りを心がけました。

Before

玄関

住戸専用の玄関には特大のミラーとイタリア製のシャンデリアブラケット。天井のアクセントクロスをブラックにして隠れ家的な動線イメージを印象付けるのと同時に、明るさと華やかさが来客の期待感をあおる、さりげない演出です。

Before

物件データ

所在地 / 札幌市東区
築年数 / 10年
総費用 / 約620万円
費用内訳 / 大工工事:180万円 建具・サッシ工事:100万円 外壁工事:25万円 電気工事:25万円 内装工事:45万円 フロアタイル工事:30万円 トイレ工事:20万円 洗面所工事:10万円 カーテン:30万円 照明器具:40万円 造作家具・建具工事:25万円 家具:80万円 タイル・左官工事:10万円

協賛メーカー

一覧に戻る