Renovation

空間彩生 リノベーション施工実例

#085

こころ安らぐフレンチカントリースタイル

当HPをご覧になり、2Fにお母様がお住まいになっている一戸建てでのリフォームを検討されていました。 使っていない3Fをリノベーションしたいとの依頼を頂き、将来の生活パターンを考慮し、玄関を別に設けるなど独立した3Fスペースとしてリフォームすることになりました。間取りに関しては一度スケルトンにして構造体の補強、壁面の雨漏り等、これから長く住む為の補修を施すところからスタート。 また、大幅な間取り変更により、余裕のあるLDKを実現。奥様のイメージだったフレンチカントリー風の空間にコーディネート。 白を基調とした明るい雰囲気に仕上がりました。 リビングの中心となる壁面には、奥様手作りのステンドガラスを組み込み、趣味のハンディクラフトなども楽しめるゆとりのスペースとなっております。

外観

既存の外観はシンプルな長方形。外壁のアクセントにレンガ調のサイディングを採用し、外壁面に表情をもたせています。ラップサイディングとレンガ調サイディングのバランスが外壁に立体的な光と影の模様を織りなします。

Before

リビング

リビングまわりは白い木目調の腰壁とアイビー柄の壁紙、ホワイトの建具をセレクトし、明るくフェミニンな空間になりました。奥様が以前作製したステンドガラスをリビングの中心となる壁に設置し、リビングに彩りを与えてくれます。

Before

ダイニング

ダイニングスペースにはキッチンカウンターにオープンの収納棚を設置。オープンキッチンではありながらもキッチン廻りに視線が向きずらいよう高さを与え、お気に入りの小物を飾って楽しめるスペースとなりました。

Before

洋室

イタリアンウォールナットの独特な木目が、ナチュラル感あふれるフローリング。 ワックスフリーの商品特有のマットで風合いのある素材が、明るく上質な雰囲気を与えてくれます。

Before

キッチン

以前は閉鎖感と暗さが気になった独立キッチン。オープンキッチンに変更し、開放感のある明るい空間につくりあげました。ホワイト塗装の木製キッチンは奥様のお気に入り。冷たい印象になりやすい水廻りも、温かみのある素材感を用いることで、優しい表情のキッチンが出来上がりました。

Before

洋室

和室だったスペースはリビングの間続きの洋室に変更。窓際に造作カウンターを作り、奥様の趣味であるハンディクラフトの作業スペースとしても使える小さな工房になりました。必要なときに間仕切れるよう建具を設置し、いざというときは客間スペースとして活躍します。

Before

物件データ

所在地 / 札幌市
総費用 / 約1,600万円
費用内訳 / 建築工事:580万円 外壁・サッシ:360万円 内装工事:120万円 設備:400万円 電気工事:110万円 カーテン・照明:30万円

協賛メーカー

一覧に戻る